社会福祉法人 筑西市社会福祉協議会

〜ひとり暮らし高齢者対象:給食サービス事業の沿革〜


  ≪趣旨≫

    筑西市内在住のひとり暮らし高齢者(原則65歳以上)の方々を対象に、月1回手作りのお料理を
   お届けし、ボランティアとして参加する主婦も自らの学習会として受け止めて活動しています。
    お互いに給食を通して心の交流を図りあい、より良い人間関係を求め、地域の中で住民の善意に
   よる「福祉のまちづくり」運動を進めます。


  ≪沿革≫

   昭和52年 6月・・・川島生活学校が、月1回の地区公民館での調理実習により始まる。
   昭和57年 9月・・・関城町ボランティア連絡協議会が参加。
   昭和58年 4月・・・南部婦人会、北部婦人会、国際スコーレ協会茨城スクールの3団体が参加。
   昭和62年 9月・・・東部婦人会、羽黒婦人会の2団体が参加。
   平成 2年 9月・・・明野町ボランティア推進協議会が参加。
   平成 5年10月・・・大田給食サービスが参加。
   平成 6年10月・・・西部婦人会が参加。
   平成 7年 9月・・・養蚕婦人会が参加。
   平成 7年10月・・・河間フレッシュボランティアが参加。
   平成10年 3月・・・協和町ふれあい給食サービスボランティアが参加。
   平成12年 2月・・・竹島地区給食サービスが参加。
   平成15年 4月・・・嘉田生崎地区女性会が参加。


  ≪サービスの流れ≫
  活 動 内 容 担当・協力団体
@ ひとり暮らし高齢者調査 民生児童委員、自治委員、ボランティア、社協
A 実施計画&打合せ 民生児童委員、自治委員、支部役員、ボランティア
社協(連絡調整)
B 献立表作成 栄養士(社協より依頼)
C 材料購入 ボランティア
D 調理活動(各地区公民館等) 栄養士・ボランティア
E 会食・配送 ボランティア、民生児童委員、自治委員等
※歩ける方は会場となる公民館で会食。歩行が困難な方へ
Eの配送を行います。
F 懇談会 栄養士・ボランティア
 ※調理した食事を、自らも味見して反省会を行います。