▲【三世代の交流会“輪投げ大会”】
子ども、親、高齢者たちが楽しみながら交流を深めました。

地域の特色  関城地区は市の南西に位置し、田畑が多く、東に小貝川、西に鬼怒川が流れるなど水と緑が豊かなまちです。福祉関連では老人福祉センターを拠点とし、老人クラブや身障協、ボランティア等の団体が生きがいとふれあい事業を中心に活動しています。また、地元特産の“梨”は全国的にも有名で、収穫期には甘い梨の味と香りを全国に届けています。

地域の概要
(※2012.5現在)
地域人口  15,137人
地域世帯数 4,886世帯
世帯平均人数 3.10人
地域高齢化率 23.6%
0〜14歳(若年)人口 1,862人 (12.3%)
15〜64歳(生産年齢)人口 9,707人 (64.1%)
65歳以上(高齢者)人口 3,568人 (23.6%)
※住民基本台帳調べ
支部体制 支部長1名、副支部長2名、理事17名、会計1名、監事2名、福祉推進員92名
協力団体 自治会、民生委員、老人クラブ、身障協、ボランティア、障害児親の会、
市民の会、子ども会、安全協、防犯協、商工会、保護司会、更正保護、
食改、健康推進員、女性会、福祉施設

主な事業

◇ふれあいの集い(保育園児と高齢者のふれあい事業)
◇高齢者作品展(高齢者のいきがい事業)
◇三世代の交流会(子ども、親、高齢者の交流会)
◇広報紙の発行(地域福祉情報の広報)