▲【協和支部社協主催:敬老のつどい】
90歳以上の参加者へ、支部長より表彰状を贈呈

地域の特色  協和地区は市の東部に位置し、北は栃木県の県境にあたり、またJR水戸線新治駅が地区の玄関口として利用されています。全国的に有名な“こだますいか”の名産地でもあり、緑豊かで環境にも恵まれ、歴史や文化も古く、そこに暮らす人々の郷土愛も深く、住民の方が安心して暮らせるために、長年「顔の見える福祉活動」を展開し、地域一丸となって福祉の向上を目指しています。

地域の概要
(※2012.5現在)
地域人口 15,914人
地域世帯数 5,100世帯
世帯平均人数 3.12人
地域高齢化率 24.9%
0〜14歳(若年)人口 1,989人 (12.5%)
15〜64歳(生産年齢)人口 9,962人 (62.6%)
65歳以上(高齢者)人口 3,963人 (24.9%)
※住民基本台帳調べ
支部体制 支部長1名、副支部長3名、理事16名、会計2名、監事2名、
福祉推進員66名
協力団体 自治会、民生委員児童委員、女性会、高齢者クラブ、ボランティア、
青少年育成市民の会、食生活改善推進連絡協議会、
JA北つくば農協女性部、社会福祉施設

主な事業

◇敬老のつどい
◇広報紙発行(年1回)
◇各小学校あいさつ運動・交流会参加
◇学校福祉体験協力
◇高齢者グラウンドゴルフ大会及び輪投げ大会
◇高齢者ふれあい集会及び芸能発表大会協力
◇いきいきサロン事業協力
◇視察研修会