支部(地域)社協は、旧下館市において平成4年3月に結成され、合併後の平成21年には関城・明野・協和地区に
おいても設立されました。地域福祉活動の展開に不可欠な「地域の目」を持つ組織として、各小学校区または中学校区
に設置されており、地域の方々を中心とした福祉啓発活動を実施しています。
なぜ支部社協(小地域ネットワーク)があるのでしょう?」
現在は子供が少なく、高齢者人口が増えている「少子高齢社会」。私たちのまちにも、ひとり暮らしの高齢者や
寝たきりの方、身体にハンディを持つ方、子育てに悩む方などが大勢います。たとえ現在は悩みや問題を抱えて
いなくても、決して私たちは1人では生きて行けません。しかし、現在は無関心な社会で一人ひとりが孤立し、
自分の幸せだけを追求する世の中になってしまっているように思います。

『でも、それで良いのでしょうか?自分だけが幸せなら、本当に幸せと言えるのでしょうか?』

誰もが支えられて生きている。誰もが支え合える力を持っている。
 事業内容は各支部(地域)によってさまざまですが、昔ながらの「向こう三軒両隣」の地域づくり
『小地域ネットワークづくり』
を目指し、誰もが安心して暮らせるまちづくりのための活動を展開しています。
支部は、市内小学校区または中学校区に設置されています