○介護保険で利用できるサービス


●在宅サービス

訪問介護
 ホームヘルパーなどが家庭を訪問し、食事、入浴、排せつの介助や、炊事、掃除、洗濯など日常生活の援助を行います。通院などの際、乗車・降車の介助及び移動の介助(要介護と認定された人のみ利用できます。また送迎にかかる費用は別途自己負担となります。)もあります。

訪問入浴介護
寝たきり高齢者などの家庭を、入浴設備や簡易浴槽を持つ移動入浴車で訪問し、入浴の介助を行います。看護師が健康チェックも行います。

訪問看護
訪問看護ステーションなどの看護師、保健師などが家庭を訪問して、主治医と連絡をとりながら、病状を観察したり床ずれの手当などを行います。

訪問リハビリテーション
理学療法士や作業療法士などが家庭を訪問して、日常生活の自立に向けたリハビリテーションを行います。

居宅療養管理指導
医師、歯科医師、薬剤師などが家庭を訪問して、専門的(医学的)な管理や指導を行います。

福祉用具貸与
日常生活の便宜を図るための福祉用具や、機能訓練のための福祉用具の貸出を行います。

通所介護
デイサービスセンター(日帰り介護施設)などに通い、食事、入浴の提供や、日常動作訓練、レクリエーションなどが利用できます。

通所リハビリテーション
医療施設や老人保健施設などに通い、理学療法士や作業療法士によるリハビリテーションなどが受けられます。

短期入所生活介護
短期間(1週間程度)施設に宿泊しながら、日常生活上の介護や機能訓練などを受けることができます。

短期入所療養介護
短期間(1週間程度)施設に宿泊しながら、医療上のケアを含む介護や機能訓練などを受けることができます。
 
痴呆対応型共同生活介護(要介護者と認定を受けた人のみが利用できます。)
認知症であり、要介護認定を受けた高齢者が5〜9人で共同生活をし、家庭的な雰囲気の中で、介護スタッフによる食事、入浴、排泄など日常生活の支援や機能訓練などを受けられます。

特定施設入所者生活介護
有料老人ホームなどに入所している方も、必要な介護サービスを介護保険から受けられます。

居宅介護支援
在宅サービス等を適切に利用できるように、心身の状況・環境・本人や家族の希望等を受け利用するサービスの種類・内容等の計画を作成し、サービス提供確保のため事業者等と連絡調整等を行うとともに、介護保険施設入所が必要な場合は施設への紹介等を行います。
 
福祉用具購入費の支給
排せつや入浴に使われる用具の購入費を支給します。要介護状態区分にかかわらず、利用できる上限額は10万円(期間は1年間)です。

住宅改修費の支給
家庭での手すりの取付けや段差の解消などの小規模な改修の費用を支給します。
要介護状態区分にかかわらず、改修時に住んでいる住居について利用できる上限額は20万円です。



●施設サービス

介護老人福祉施設(要介護と認定を受けた人のみが利用できます。)
食事や排せつなどで常時介護が必要で、自宅では介護が困難なお年寄りが入所します。食事、入浴、排せつなど日常生活の介助、機能訓練、健康管理などが受けられます。

介護老人保健施設(要介護と認定を受けた人のみが利用できます。)
病状が安定し、自宅へ戻れるようリハビリに重点を置いたケアが必要なお年寄りが入所します。医学的管理下での介護、機能訓練、日常生活の介助などが受けられます。

介護療養型医療施設(要介護と認定を受けた人のみが利用できます。)
急性期の治療が終わり、長期の療養を必要とするお年寄りのための、医療機関の病床です。
医療、療養上の管理、看護などが受けられます。