○介護サービスを利用するには

 
サービスの利用は、市への申請から始まります。

 ○介護保険課の窓口で、「要介護認定」申請を行います。

   申請できるのは本人または家族です。
     ※居宅介護支援事業者や介護保険施設に代行してもらうこともできます。

  申請に必要なもの
   ・要介護・要支援(更新)認定申請書・・・本所および各支所の介護保険課に用意してあります
   ・介護保険被保険者証
   ・健康保険被保険者証(40歳以上65歳未満の方のみ提示)など


    ※65歳以上(第1号被保険者)の方には市から被保険者証が交付されていますが、次の際に被保険者証が
     必要となりますので大切に保管してください。
      ●要介護認定の申請時
      ●サービス計画(ケアプラン)作成の時
      ●サービスを利用する時
      ●その他、介護保険に関する届け出や申請の時など

    ※40歳以上64歳以下(第2号被保険者)の方にはは、要介護・要支援と認定された際に被保険者証が交付
     されます。

○申請から要介護認定(介護保険利用まで)のながれ

@訪問調査を行います。
 心身の状態をしらべるために、ご自宅あるいは施設・病院などに調査員が伺い、調査票により質問をいたします。
A主治医による意見書を作成・依頼いたします。
 申請書に記入していただいた主治医に市から意見書の作成を依頼いたします。
B筑西市介護認定審査会で判定を行います。
 訪問調査の調査票と主治医意見書の結果をもとに、どれくらいの介護が必要か「要介護状態区分」の判定を行います。
C認定
 介護認定審査会の結果にもどづき、介護または支援が必要と認められた方(認定は、要支援1〜2、要介護1〜5までの7段階で判定されます)が介護保険のサービスを利用できます。認定にともない、本人に申請から(30日以内)で通知いたします。

※自立と判定された場合は介護保険でのサービスは受けられませんが、市の福祉サービスが利用できます。また、要介護認定の結果に不満があるときは、60日以内に茨城県の介護保険審査会に審査請求ができます。


○介護サービス計画(ケアプラン)とは

ケアマネージャーが色々なサービスを組み合わせ、一人ひとりに合わせて作成します。
 
 利用される方は、心身の状態、家庭環境など人さまざまです。介護サービス計画は、利用者の状態や利用可能なサービス水準を考慮してたてることができます。費用のことや、どのような生活を送りたいかなどをケアマネージャーにしっかり伝え、ケアプランを作成してもらいましょう。