○介護保険サービスについて

 平成12年4月から「介護保険制度」がはじまりました。
 私たちの社会は、少子高齢化や核家族化がこれまでに例をみないスピードでいまなお進んでいます。 高齢者の介護は、誰もが直面する大きな問題となっています。すでに介護が必要な期間が長期化 したり、介護する家族の高齢化等も進んでおり、家族による介護では十分な対応が困難となってきています。
 介護保険制度は、介護を必要とする状態となっても、自立した生活ができるよう、介護を社会全体で支え、利用者の意見を尊重した総合的なサービスが安心して受けられる仕組みを創ろうとするものです。

○介護保険のあらまし

 これまで福祉や医療、保健などに分かれていた介護サービスも、ねたきりや認知症などで常に介護が必要な状態(要介護状態)になったり、家事や身のまわりのことなど、日常の生活に支援が必要 (要支援状態)になったときに、状況に応じて介護保険から総合的なサービスを受けられる制度です。

○介護保険の加入対象

介護保険の加入対象は40歳以上の方からで、以下のようになります。

65歳以上の方(第1号被保険者)
 常に介護を必要とする状態(要介護状態)や、日常生活に支援が必要な状態(要支援状態)になった場合にサービスを利用することができます。

40歳から64歳までの方(第2号被保険者)
 初老期の認知症、脳血管疾患など老化が原因とされる病気により要介護状態や要支援状態に なった場合にサービスを利用することができます。なお、交通事故などが原因の場合は、介護保険の対象外となります。



○介護保険で対象となる病気(特定疾病)は、以下の16種類です○


筋萎縮性側索硬化症(ALS) 脳血管疾患
後縦靱帯骨化症(OPLL) 進行性核上性麻痺・大脳基底核変性症
及び
パーキンソン病
多系統萎縮症 閉塞性動脈硬化症 (ASO)
初老期における認知症 関節リウマチ
脊髄小脳変性症 慢性閉塞性肺疾患(COPD)
脊柱管狭窄症 早老症
糖尿病性神経障害、糖尿病性腎症
及び
糖尿病性網膜症
末期がん

○介護保険料と納め方

介護保険の保険料は65歳以上の方と、40歳から64歳までの方とでは異なります。

65歳以上の方(第1号被保険者)
 原則としてすべての方が保険料を負担することとなります。
 老齢・退職年金が月額15,000円以上の方は、年金から天引きされることとなります。
 また、年金額が15,000円未満の方でも口座振替などによって保険料を収めることとなります。

40歳から64歳までの方(第2号被保険者)
 医療保険(健康保険や共済組合など)と一括して納めます。

  健康保険に加入している第2号被保険者の場合、保険料は給料に応じて算定され、事業主と折半になります。
 また、健康保険の被扶養者は、加入している医療保険の被保険者が保険 料を負担することになりますので、
 直接の保険料負担はありません。
  国民健康保険では、保険料は所得等に応じて算定され、保険料と同額の国庫負担があります。